NodeをWindows7環境でインストール

こんにちは、廣川です。
Windows7環境でNodeをインストールしたので、それについて纏めました。

今回はWindows7で以下の環境を構築する(2013/04/08時点の情報)。

  • Node本体とnpm
  • Express
  • Node-dev

それぞれ説明は以下の通り。

  • Node本体とnpm……Nodeのコアになるモジュールと、Nodeのライブラリを管理するためのアプリケーション。
  • Express……Webアプリケーションフレームワーク。JavaでいうStrutsみたいなもの。
  • Node-dev……スクリプトに変更があると自動的に再起動してくれるライブラリ。eclipseの自動ビルドみたいなもの。
  1.  Nodeのホームページからインストーラをダウンロードする。
    インストーラを起動した後は、基本的にNextを選んでいけば良い。
    現在のバージョン(v0.10.3)では、Nodeをデフォルトでインストールするとnpmも付属する。
    パスもインストーラが自動的に通してくれる。環境変数などは弄る必要がない。
  2.  Expressをインストールする
    コマンドプロンプトを管理者権限で起動する。
    (※管理者権限で起動しないと、インストール時にエラーになるので注意)
    Nodeのインストールディレクトリまで移動する。

    npm install express

    上記コマンドを実行し、expressの本体をインストールする。

    node node_modulesexpressbinexpress <プロジェクト名>

    その後、上記のコマンドで、expressの必要最低限の機能を持たせたプロジェクトを作成する。
    その他コマンドオプションについては、http://expressjs.com/guide.html参照。

    npm install

    「cd <プロジェクト名>」でプロジェクトフォルダに移動し、上記のコマンドを実行すると、必要なモジュールがインストールされる。

    この状態で「node app.js」を実行してhttp://localhost:3000/にアクセスすると、helloという文字列の書かれたページが返される。
    Ctrl+Cで停止させることが可能。

  3. node-devをインストールする

    npm install -g node-dev

    上記のコマンドを実行し、node-devをインストールする。
    インストール後、「node-dev app.js」を実行すると、app.jsを変更した際に自動的に再起動してくれる。

    また「-g」オプションはグローバルインストール。
    2.で行ったインストールとの違いは、インストールされる場所が異なるのと、パスを通してくれるか通してくれないか。
    ここで-gをつけ忘れると、「node-dev app.js」というコマンドが通らなくなる。

  4. 備考
    他に使用したいパッケージがあれば、npm install <パッケージ名> でインストールする。
    https://npmjs.org/から、用途に合ったパッケージを探すと良い。
    インストールしたパッケージ等は「npm list」「npm list -g」で一覧化可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です