JBoss Fuse Service Works Deep Dive Workshop

こんにちは。平田です。

1/16、17に開催された、JBoss Fuse Service Works Deep Dive Workshopに参加しました。

BPM Suiteのワークショップと同様に、JBoss Data Virtualization 6 (JDV) とJBoss Fuse Service Works 6 (FSW) の技術情報について、Red Hat本社の製品マネージャからの説明とハンズオンで学習しました。

  • 一日目
    • JDV: 概要、初歩的なチュートリアル
    • FSW: 概要、Bean Service、Camel、テスト、監視、データ変換、検証
  • 二日目
    • FSW: ガバナンス(設計段階、運用時)

JBoss Data Virtualization 6

JDVは、旧JBoss Enterprise Data Services Platform (EDS) のメジャーバージョンアップ製品で、様々なデータソースをRDB風に見せる製品です。

主な変更点は以下のとおりです。

  • 名前が変更された。
  • 従来製品は、JBoss Enterprise SOA Platform 5 (SOA-P) のスーパセットであったが、SOA-Pへの依存を無くしてJBoss EAP 6上に構築された。
  • Hadoop分散ファイルシステム、SAP、MongoDB等をデータソースにできる(MongoDBは技術プレビュー扱い)

旧EDSは使ったことがないのでピンときませんが、他の製品のようにver.5からver.6で刷新されたりはせず、順当なアップデートのようです。SOA-Pのスーパーセットでなくなったことで、サブスクリプションが安くなったりするのでしょうか。

Fuse Service Works 6

FSWは、旧JBoss Enterprise SOA Platform (SOA-P) の後継製品です。従来製品では、JBoss ESBをコアにjBPMやDroolsを載せていましたが、FSWでは刷新されています。

FSWを構成するコンポーネントは、次の通りです。

  • 買収したFuseSourceのActiveMQ(メッセージング)、Camel(エンタープライズ統合パターンフレームワーク)、CXF(Webサービス)を流用
  • SwitchYard: 旧JBoss ESBの後継
  • Overlord: ガバナンス

尚、ベータ版のためか、ActiveMQは同梱されていませんでした。

Switchyard

2011年にワークショップを受けた時はver.0.2でしたが、ハンズオンで使用したものはver.1.1.1でした。

旧JBoss ESBでは、メッセージの発生源となる「プロバイダ」と、メッセージを処理するアクションパイプラインを内包する「サービス」をjboss-esb.xmlに定義しました。Switchyardでは、Service Component Architecture (SCA) という標準で定義されたモデルに基づいて、switchyard.xmlにサービスを定義します。

また、旧JBoss ESBでは、プロバイダから発生するデータはメッセージの形で内部キューに格納されてアクションパイプラインを通りますが、Switchyardではサービス境界から来たXMLなりJSONなりをPOJOに変換して持ちまわるだけのようです。

他には単体テスト支援や流量制御(Throttling)、データ変換、バリデーションなどについて学習しました。

Overlord

Overlordは、SOAガバナンスのためのプロジェクトです。正直、駆け足すぎてよく分からなかったのですが、設計段階のガバナンス(Design Time Governance: DTGov)と運用時のガバナンス(Run Time Governance: RTGov)があるようです。

DTGovでは、開発からテスト、ステージング、本番環境に対するリリースサイクルを、デプロイメントやMavenリポジトリとjBPMベースのワークフローとを連携させて管理できるようです。

RTGovは、サービスがSLAやポリシーに違反していないか監視、改善するための仕組みのようです。

まとめ

  • JDVのワークショップは端折っても良かったと思います。
  • Switchyardはそれほど難しくないと思います。一から勉強するならJBoss ESBより簡単かもしれません。
  • Overlordは、まだ良く分かりません。そもそも単独のSOA基盤にガバナンス支援が実装されていても、その基盤の外側はどうするんでしょう。結局、複数の異種混合環境を対象としたソリューションを、外側にたてることになるんじゃないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です